義父と同居して以前から少なかった夫婦の営みが余計に無くなり妻のせせらはその若い身体を持て余していた。欲求不満が積り密かに自慰に耽るせせらを覗き欲情した義父は、寝ているせせらに襲いかかり、せせらの貞淑なマンコに生チンポを捻じ込むと白濁の精子を注ぎ込むのだった。それから毎日、せせらの身体を弄んだ義父は、更に近所の中年仲間たちを呼び、せせらを輪姦し汚れた精子を膣奥深くに注いでいくのだった…。