「こんにちわ、本日はよろしくお願いします。」礼儀正しく挨拶をしてくれた。彼女の名前は「みな」普段は事務の仕事をいており、落ち着いた雰囲気の女性である。彼女からはあまりエロを想像できないが、セックスはそれなりに好きで、たまにはオナニーだってするらしい。まぁまぁ健全である…しかしこういうエロとは無縁の雰囲気のオンナは、いざセックスになると自制心が崩壊し、まるで化け物のように乱れることを俺は知っている。まずは服を脱がさせ、下着姿にさせた。おぉっ!ムッチリしていてエロいぞ。そして、他人のオナニーを眺めるのが好きな俺は、カバンから電マを取り出し、彼女に手渡した。「恥ずかしいから」と嫌がる彼女…あぁ、ゾっクゾクする。ドSの俺にはこういうオンナがたまらんのだ。陰部に電マが触れるたびに身体をよじらせ、恥ずかしながらも自らの性感帯に押し当てる。電マだけでは物足りなさそうな彼女。手で彼女の膣を刺激してあげることに…さっきよりも大きく身体をよじらせ、キャインキャインと喘ぎ、あっという間にビシャビシャと音が聞こえてきた…えっろいオンナだ…後は俺のチ●ポを舐めさせて、ギュインギュインになったチ●ポで串刺しに..