まるで悪夢のような再会でした。その日から私は、沢木部長の言いなりでした。毎日のようにやって来ては、私を犯し続けたのでした。夫を守る為やっと掴んだ幸せを守る為、私は沢木部長に従うしかありませんでした。しかし私は、いつしか<無数の血管が浮かび上がるギラギラ輝くドス黒いモノ>が頭から離れませんでした。何度冷たいシャワーを全身に浴びても、頭の中から消える事はありませんでした。そして、7日目の夜…。