自ら出演を希望し、鉄板にやってきた藤本紫媛。気合いの入り方が違うのか、それとも生来の淫乱さゆえか褐色の肌を汗と愛液で濡らしながら幾度も絶頂へ。高身長スレンダーボディは肉棒で奥を突かれる度にのけぞりながら感じ入る。貪欲にチ○ポを欲しがる姿は、何よりもセックスにのめり込んできた藤本紫媛ならでは。ド直球のエロさは見るものの股間をダイレクトに刺激する…!