いつもサラサラのセミロングに整えられた黒髪を間男に優しく撫でられ、男の顔がゆっくりと近付いてくることに、妻は一瞬顔を下げてためらった。しかし、1度…2度…と唇を奪われた妻からはもはやためらいが消え、今度は自分から男の顔を引き寄せると舌まで潜り込ませる能動的な妻がそこにはいた…。