西条沙羅…その浅黒い肌に浮かぶ玉の汗。まるで彼女がどれだけ淫靡かを語っているかのようだ。プライベートでの経験人数は百人以上と豪語する彼女のセックスはハードの一言に尽きる。激しいスパンキングに怯むどころか、マンコから愛液を滴らせて恍惚とした表情。大量の潮を噴き散らしながらも、更なる快感を貪ろうと激しく腰を振る。沙羅の理性は、終わらない快楽にいつしか崩壊していく。