メガネを掛けている近所の地味なアノ娘-。地味な娘ほど、実はオトコの味を知ると激しく乱れるという…。近所の清楚な地味娘に、巨根とプロのテクニックを駆使してウワサの真偽を検証する。まだオトコに慣れていない身体に巨チンを捻じ込まれては、肉壺は未経験の快感から激しく潮を噴出して水柱を上げる。執拗な愛撫にも身体は応え、失神・痙攣・潮吹きを繰り返しながらもオトコを受け容れ続ける。そのメガネを無遠慮に精液で汚され、とどまる事の無い愛液と共にオトコにカラダを貪られ幾度も中出しされど、受け止めてしまう。