お父さんは勤めていた会社をリストラされた。久しぶりに家でゆっくりしようと思っているのだが、お父さんにとってちょっと苦手の引きこもりの娘、あいが家族が留守の昼の間、この家の主として君臨しているのだ。恐る恐るあいに接触を取るが、そこにはお父さんの知っていた娘とはまるで違う大人になったあいがいた…そして、久しく会話すら無かった我が娘、あいの肌は色白で艶めかしく、もち肌だったのだ…。