五代雅彦邸で執事として働く神埼は、病に倒れた自分の妹の手術代を雅彦に貸してほしいと依頼するが無慈悲にも断られる。神埼の無念…手術を受けられずに他界した妹…。怒りの矛先は雅彦の娘にも向けられるのだった。